難関突破のための勉強|エフラボで学びたいことを見つける|偏差値で判断しない学校選び

エフラボで学びたいことを見つける|偏差値で判断しない学校選び

女子生徒

難関突破のための勉強

先生

高校から先の進学先は、将来就きたい仕事に合わせて選ぶ方が多いと言えます。職業によっては、特定の学校や学部で一定期間学ぶことが条件となる場合もあるのです。このような職業の代表としては、医者が挙げられるでしょう。医者になるためには、医師免許を取得する必要があります。この医師免許を取得するための国家試験は、医学部が設けられている大学を卒業した方か卒業見込みの方しか受験することができないものなのです。そのため、医者になるためにはまず、医学部が設けられている大学に入学する必要があるのです。しかし、国立・公立・私立のいずれの大学も、医学部への入学は非常に難関であり、何度か浪人してやっと入学できるということも珍しくはありません。また、受験科目は理数系であるため、理数系科目を重点的に勉強していく必要があるでしょう。このように、難易度が高いうえに勉強の仕方にコツがいる学部であるため、最近では専門の予備校が登場しています。医学部合格を目指す方向けの予備校では、理数系科目を中心に学べるほか、一般的な予備校にはない医歯薬獣医系の問題を集めたテストなどを受けることができます。さらに、夏期休暇や冬期休暇に合わせた合宿を開催していることも多く、集中して勉強する機会も設けられているのが特徴です。このように充実した学習を受けることができるため、予備校に掛かる学費は平均で年間100万円から200万円ほどと言われています。選択するコースや地域によって多少学費の変動はありますが、年間で150万円ほどの学費が掛かると思ってよいでしょう。一般的な予備校と比べると学費が高いと感じるかもしれませんが、難関を突破できる確率を上げられると考えれば、打倒な値段と言えるでしょう。